​ウルシの木 Urushinoki

ウルシの木は、日本、中国、朝鮮半島などに生育しています。

春になってあたたかくなると芽吹き、葉がぐんぐんと伸びます。

夏のはじめに白く小さな花が咲き、やがて実をつけ、秋が深まると紅葉します。

​苗を植えてから、10年くらいかけて育てます。

そして、大きく育った木から、漆液を採ります。

漢字の「漆」のつくりは、木につけた傷から樹液が滴る様子を抽象化した文字です。

苗づくり

​種から育てる実生法、根から育てる分根法があります。

しっかりと根のはった苗を、手をかけて育てます。

植栽

​苗を山や田畑の近くに植えます。

植えてからも、木の管理をして、しっかりと育てます。

剪定や下草刈りなど手入れを行い、病虫害がないか見守ります。

初夏に咲く花からは、蜂が蜜(ウルシハチミツ)を集めます。

晩秋に落葉したあと、実(種)を採取します。

漆掻き

木が大きく育つと、漆液を採取する漆掻きをします。

夏のはじめから秋にかけて、木の幹に傷をつけます。

そこからにじみ出る漆液を、手作業で集めます。

採取する時期、時間帯、場所などによって、漆液には様々な特徴が生まれます。

天候に左右される、自然相手の仕事です。

漆掻きの仕事をしている方を親しみをこめて、「掻きこさん」と呼びます。